So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

コミックマーケット92(C92)報告 [同人活動(桜の街交通社)]

コミックマーケット92に参加した皆さん、お疲れさまでした。

今回もまた角っこでした。しかも、開幕直後の男津波が通る大通り沿いの誕生日席。
これは、絶対これをやれと言われているに違いない。
P1160878.JPG
スペース右側に張り付けた「名古屋市交通局路線図風サークル配置案内」。
ちょこちょこ見ている人もいましたし、写真撮らせてくださいと言ってくれた方もいました(もちろんOK)しましたよ。

それでは今回の成果は・・・
計算尺の本を、「既刊だし10部あれば十分だろ」と思っていたら、今回も午前中で完売。大きいPOPを貼っていれば気になりますよね。実際、計算尺が気になって来たと言っていた方もいました(完売してしまっていてごめんなさい)。
恒例の「全国無料交通時刻表」は、いつも通りの売れ行き。毎回来てくださる方もいらっしゃるようでうれしい限り。やはり、公営ギャンブル行の無料バスを話題に出す人がちょこちょこいました。できればやりたいんですけどね。
意外だったのは、新刊旅行記を各30部用意していったのですが、どちらも15時頃には完売したこと。いつも旅行記は20部売れればいいほうだったので・・・地の利?

ちなみに、今回、行きは大井町よりりんかい線。大崎始発の列車でしたが、7時半ごろの列車は余裕で乗れました。10両の輸送力は違います。
また、帰りは横浜駅(YCAT)行きのリムジンバス。16時25分発と、サークル参加で最後までいるとギリギリですが、5分前に乗り場に行っても大丈夫。満員にはなりませんでした。

というわけで、当スペースにお越しくださった皆様、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

コミックマーケット92(C92)に参加します&頒布物情報 [同人活動(桜の街交通社)]

実は、コミックマーケット92に当選していました。

配置場所:土曜日 東地区 ”へ”ブロック―08b
サークル名:桜の街交通社
circlecut_webcat .jpg

で、頒布物が完成したのでここでお知らせします。
P1160873.JPG
(左)「全国無料交通時刻表No.4」:今回もあります。無料交通の時刻表。昨年からの追加や廃止、ダイヤ改正を反映しています(7月現在情報)。本文24Pモノクロ(表紙・裏表紙のみカラー)300円。

(中)「ぐるっと道北バスの旅」:もともとサークルカットにもあるように「道北一周」となっていましたが、完全に一周にはなっていないのでこんなタイトルに。文章中心の構成ですが、2ページあるカラーページに写真をまとめて掲載。中身はデマンドバスに町営バス、無料バスに長距離路線バス、北海道の元秘境を訪ねるなど、濃いものにしたつもりです。本文16P(うち2Pカラー、表紙・裏表紙カラー)200円。

(右)「全国無料展望台めぐり」:あるかもとだけサークルカットに書いた無料ナントカがこれ。日本全国に数多ある無料展望台のうち、14ヶ所をピックアップし、旅行記も添えて紹介。写真はすべてカラーです。本文12P(うち4Pモノクロ、表紙・裏表紙カラー)300円(予定)。

このほかにも、前回好評だった計算尺の本を少しだけ増刷して持ち込むほか、これまでに出した旅行記(「北陸乗り物紀行」「田舎のバス旅 都会のバス旅」「乗り通す!」)も、少部数ながら頒布します。

では、当日、サークルスペースでお会いしましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

房総半島に富士山を見に行く旅(5) [旅行(関東)]

(前回からの続き)

ここまで高低差があるせいで、一周するだけで疲れたので、帰りはロープウェイで下りてきましょう。
ロープウェイの駅の近くが山頂だそうです。
top.JPG
ここからもしっかり富士山が見えます。

昭和の香り漂うロープウェイの駅には、採石場の資料が展示されています。
museum.JPG
museum2.JPG
ただ、それよりも目を惹かれたのがこちら。
cat.JPG
にゃ~ん、じゃなくって、
notice.JPG
この注意書き。中身がとっても昭和。一部書き出す(:以下は筆者注)と、
・搬器内持ち込み禁止:搬器とはゴンドラのこと
・動物(小鳥、小虫類、初生びな及び漁具類で容器に入れたものは除く):今さら初生びなを持ち歩く人はいるのか・・・
・危険品とは・・・セルロイド類、カーバイト、写真撮影用閃光炉・・・:もう時代を感じるとしか
・巡回映画員が携行する映写機類及び撮影用フィルム:巡回映画員!?
・子犬 猫 鳩又はこれらに類する小動物:鳩って、昔そんなに伝書鳩を持ち運んだの?
なかなかに楽しい注意書きです。念のため言っておきますが、これは展示品ではなく現役の掲示です。

帰りは電車で東京湾をぐるっと回って帰ってきました。
hamakana.JPG
↑浜金谷駅より鋸山を望む

(「房総半島に富士山を見に行く旅」おわり)

房総半島に富士山を見に行く旅(4) [旅行(関東)]

(前回からの続き)

採掘現場がそのまま残されたような場所が途中にあります。
rock.JPG
当時の機械がサビサビで放置されています。石には「安全第一」とか彫られています。
そこから急な階段を登っていくと、こんな景色のところに。
raputa.JPG
絶壁の横に富士山。いつしか「ラピュタの壁」と呼ばれるようになったとか。

さらに登っていくと、目的地の日本寺の北口。
north.JPG
しれっと北口と言っていますが、ここまでの道のりは非常に急な階段。それを知ってか知らずか、お年寄りがひぃひぃ言いながら登っていました。

入ってすぐにこんな石像が。
statue.JPG
採石したところを何に使おうかと思ってこうしたのかな?
境内の一番の人気スポットが、地獄覗きと呼ばれる絶壁に張り出した岩場。
ただ、しっかり柵がしてあるので、スリルがあるかと言われるとどうかな?(この1ヶ月ほど前に北海道は遠軽の瞰望岩(がんぼういわ)というスリリングなスポットに行っていたということもありますが)。
ただ、景色は非常にいいですよ。
hell.JPG
そのほか、境内には大仏や、
big.JPG
岩のトンネル、
tunnel.JPG
林間のいい雰囲気のところなんかがあります。
woods.JPG
山の斜面にあるお寺なので高低差が激しく、くまなく見ようと思うととんでもなく体力を使います。

(つづく)

房総半島に富士山を見に行く旅(3) [旅行(関東)]

(前回からの続き)

さらに急坂を登り、分岐点を左に登っていくと、その先に展望台があります。
いくつかベンチがあり、ちょうどお昼前だったこともあり、弁当を広げる登山客でにぎわっていました。
その展望台からの景色がこちら。
south.JPG
南を見るとこんな感じ。そして、北西を見ると、
fuji.JPG
富士山がしっかり見えました。右下は最初に到着した金谷の町です。
景色はいいですが、その分そこまでの道のりはこんな感じです。
north.JPG
なかなかの急な階段・・・

先ほどチラッと触れた分岐点に戻り、別の方向に少し行くと、こんな景色が見えます。
rock.JPG
不思議な形をした岩。
toosi.JPG
垂直に切り立った切通し。
ここは房州石の採石場跡。もう少し行くと、こんなものが見られます。
cutrock.JPG
もう、ブロックで何か作りましたという感じを受けるほど、直線的な造形。実際に見ると、そのスケールに圧倒されます。
真下から見るとこんな感じ。
down.JPG
もうどっちが上だかよくわからなくなってきました・・・

ここからは、採石の過程でできあがった、この場所を目指します。
hell.JPG
左上のオーバーハングしてるところね。

(つづく)

房総半島に富士山を見に行く旅(2) [旅行(関東)]

(前回からの続き)

富士山と船の組み合わせもそう見ないので、ちょっと色々載せてみます。
巡視船と富士山
guard.JPG
大型貨物船と富士山
cont.JPG

そうこうしているうちに、金谷港に入港。ちょうどトレイルランニング大会があったようで、そのスタートと同時に入港でした。
kanaya.JPG
金谷港からも富士山をパチリ。
mtfuji.JPG

金谷と言えば、鋸山が有名な観光地です。この山にある房州石の石切場跡や日本寺の地獄のぞきは一回行ってみたかったのです。
ロープウェイもあるのですが、せっかくなので歩いて登ってみましょう。ハイキングハイキング・・・
マップを見ると、
map.JPG
関東ふれあいの道コースと、車力道コースとがあるようで、車力道は石を運び出すルートとして使われていたんだとか。それなら歴史のありそうな車力道を選びましょう。

車力と言うくらいだから、そんなに坂はきつくないよね・・・
forest.JPG
ごめんなさい、めちゃ急坂でした。しかも、どこから来たのか写真に撮ってもよくわからないし。
でも、林の中のハイキングは気持ちいいんですよね。
forest2.JPG
途中、石を運ぶためにしっかり整備された道も現れます。
syariki.JPG
石畳で舗装されていたり、
こんな立派な切通しまであります。
tosi.JPG
こんな道を登っていけば、そのうち絶景というごほうびが待っているはず!

(つづく)

房総半島に富士山を見に行く旅(1) [旅行(関東)]

とある冬のある日、朝起きたら寒くて天気が良かったので、景色のいいところに行こうと思い立ちました。
で、考えたのが遠くから富士山を見てやろうというもの。以前(こちら)にも茨城や千葉(北総)から富士山を見てきましたが、今度は房総半島の絶景スポットに行きましょう。

やってきたのは京急の上大岡駅。
kamioo.JPG
ここから電車で久里浜へ向かいます。
船の時間が気になり朝あわてて家を飛び出したので、久里浜駅の立ち食いそばで朝食にし、駅からは徒歩で港へ。船の時間が迫ってはいましたが、1か所寄り道します。

久里浜と言えば、江戸時代の一大事件、黒船来航の地。
perie.JPG
ペリー上陸記念碑なんてものが、海を望む公園にあります。
この碑によると、「ペリー」は漢字で「伯理」と書くそうです・・・

ペリー上陸記念碑の前の道、ペリー通りを早足で港へ向かいます。
やってきたのは東京湾フェリーの乗り場。ここから船で房総半島の金谷へ向かいます。
船はこちら。
ferry.JPG
一見普通の船ですし、実際普通のフェリーなんですが、1つだけ見慣れぬものが。
golf.JPG
ゴルフバッグスペース。
このご時世、船でゴルフに行く人なんていないようですが、さすがはゴルフ場天国、房総半島行のフェリーですね(房総半島の航空写真を見ると、ウジ虫のたかるがごとくゴルフ場が密集しています・・・)。

約40分の船旅ですが、見どころも多いです。
久里浜を出るとすぐに東海汽船の高速船とすれ違い。この日は伊豆大島行が久里浜に立ち寄る日だったようです。
すこし行くと、東京湾が左右に広がるのですが、
fish.JPG
まぁ小舟の多いこと。おそらくは釣り船なんでしょう。この間を縫うように大型船がこれまた頻繁に往来します。
friend.JPG
東京湾フェリーの航路は、東京港に出入りする貨物船などの航路を横切るように設定されているので、横から船が迫ってきます(当然十分な距離はあけていますが)。一体どうやってこの過密航路を制御しているのか気になります。

さて、出航から20分くらいたったことですし、ここらで後ろを振り返ってみますか。
mtfuji.JPG
狙った通り、見事な富士山でした。

(つづく)

横浜の穴場スポット [日常]

横浜と言えば赤レンガ倉庫。
akarenga.JPG

しかし、その裏手に風変わりな無料スポットがあることはあまり知られていないかも。
裏手といえば当然海ですが、そこにあるのは海上保安庁の施設。
kaiho.JPG
横浜海上防災基地です・・・が、右のほうにドーム型の、周りとは形の違う建物がありますね。
それがこちら。
museum.JPG
その名も工作船資料館。正式名称を海上保安資料館横浜館と言いますが、通称のほうがズバリそのままでわかりやすい・・・

で、その工作船とは何か。海上保安庁と工作船と言えばピンと来る人も多いとは思いますが・・・
boat.JPG
入り口を入ってドーンと目に飛び込んでくるのがこちら。これが工作船です。
ニュースなんかでは不審船と言われてたこともありましたが、つまりは北朝鮮のスパイ用船舶です。

こんな船が日本近海をうろうろして悪いことを企んでいるので、それを監視するのが海上保安庁の仕事の一つです、ということを知らせる広報用の施設ですね。
ちなみにここにあるのは本物の工作船。実際に巡視船と工作船が交戦した際、工作船が自爆して沈没したのを、頑張って引き揚げたものです。
その証拠にほらこちら。
bomb.JPG
自爆スイッチなんてものが見つかったそうです。そのほかにもロケットランチャーやら機関銃やらがこれでもかと展示してあります。
その中でも目玉(勝手にそう思っている)はこちら。
kim.JPG
右の虫眼鏡の中。北朝鮮上層部はみんなつけてるという本物の金日成バッヂ。本物が間近に見られるところもそうないはず・・・

そのほかにも、当時の交戦の映像や、上陸用小舟なんてものが展示されています。
boat2.JPG
普通の小舟に見えるけど、エンジンの数がおかしい!

この施設、平和ボケしている方々にはいいお薬となりましょう(笑)

銀座線1000系特別仕様車 [鉄道一般]

銀座線の新しい顔となった1000系。
1000.JPG
その中に、特別仕様車が登場しました。
現在1編成しかないレアものですが、もう1編成増えるそうです。それでも、「特別」仕様車だけあってレアはレア。出会ったらうれしくなりますね。
1000sp.JPG
前照灯がレトロ風だったり、車体の帯の色が違ったりと外装も違いますが、一番違うのは内装。
まず、ホームに入ってくると、車内の色がほんのり赤っぽいことに気付くかと。それは内装の化粧板が木目調だから。
inside.JPG
床も赤いです。リノリウム的な?
lamp.JPG
座席も緑色、手すりも真鍮風と、結構凝っています。吊革もよく見ると形が古めかしい。
そして、壁面にランプのようなものが見えますが、これは昔、渡り線を渡るときに電気が消えるため、その間の非常用照明としてついていたもの。昔と言っても1990年代まであったそうですが・・・。それを再現し、イベント等で点灯させたりするそうです。
車両銘板も特別仕様。
meiban.JPG
旧字体だし右から左だし、力の入れようが窺えますね。

これに当たった時は、ハッピーな気持ちで一日過ごせるかも?

日本海側私鉄の旅(12) [旅行(甲信越)]

(前回からの続き)

最後に、北陸鉄道浅野川線(北鉄金沢―内灘)に乗るため、歩いて金沢駅を目指します。
その道中も、車道は渋滞、歩道も大混雑。
途中にいた警備員さんに、金沢駅まで行きたいんですけどと言ったら、「この先の道はまともに歩けないから通らないほうがいいですよ」と言われる始末。でも何があるのか知りたいんで混雑へ突撃。
金沢の繁華街、香林坊ではこの様子。
korinbo.JPG
交通規制した車道の両側に人があふれています。
途中にあった横断幕を見ると、「金沢百万石まつり」の最終日だったようです。
車道には「パレード終点」とかの立て看板。加賀百万石にちなんだ武将パレードとかがあるのかなと思っていましたが、どうも客層が老若男女、雑多すぎる。中学生だけのグループがそういうのを大勢見に来るのも不思議ですし・・・と、人並みに揉まれながら徘徊していると、答えが見つかりました。千葉の夢の国からやってきたネズミさんたちが行進するとのことです・・・。なぁんだ、それならどうでもいいやと、さっさと裏道に回り込んで金沢駅を目指します。

人混みに揉まれたせいもありましたが、意外と金沢駅は遠く、たっぷり1時間かかりました。
駅はこちら。
kanazawa.JPG
先ほどの混雑とは別世界の地下駅です。ただ、JRをくぐる前に地上に出るので、なぜわざわざ地下にしたのかよくわかりません・・・
電車も少数の子供連れが乗っている程度でのんびりムード。
途中、割出(わりだし)という駅があるのですが、その少数の子供たちがみんな「わりばし」と連呼していました。この地域のローカルネタですか?(笑)

20分もかからず、終点の内灘に到着。
uchinada.JPG
小さいながらにおしゃれなつくりです。
周辺は住宅街に町工場が少々。ちょっと歩けば海もあるのですが、そんなに時間がないのですぐに折り返します。
laststop.JPG

金沢にはお昼前に戻ってきました。
せっかくなので、金沢駅に来たらこれを見ましょう。
gate.JPG
金沢名物巨大な門。正式には「鼓門」と言うそうです。
駅との反対側には、時刻や文字を表示する噴水がありました。
time.JPG

さて、お昼ですし、駅弁を買って電車に乗りましょう。
もう帰るだけなので、初めての北陸新幹線で帰ってきます。
E7.JPG
E7系かW7系かは知らない・・・
買った駅弁は、富山名物「ますのすし」でした。
masu.JPG
(金沢でも売ってた・・・)

飯山とか上越妙高とか、よくこんなところに新幹線の駅を作ったなといった立地の駅を過ぎ、東京までは約3時間。北陸ってこんなに近かったですっけねぇ。

あとは家まで帰るだけ。でも、途中で変わった列車が見れたので、それを紹介して終わりにしましょう。
東京駅在来線ホームに行くと、発車案内に「JR」とだけ書かれた表示が。やってきたのはこちら。
party.JPG
185系の修学旅行列車です。車内には小学生がたくさん乗ってました。
そして横浜駅ではこちら。
yellow.JPG
幸福の黄色い電車です。西武カラーの京急1000形。これ1本のみのレアものです。

(「日本海側私鉄の旅」おわり)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。